このブログ

ポケモンシングルレーティングやってます

戦績まとめ

S? 最高レート 使用構築

S3 1953 コケコランドグロスヒトムレヒレ

S4 1920とか カババシャジュモクマンダミミレヒレ

S5 2009 テテフグロスバシャミミランドレヒレ

S6 190× カバリザグロスミミテテフミトム

マンダゲンガーリザポリZミミカイロス

USM

S7 2022 ゲンテテフランドカグヤコケコゲコ

2015 ガルミミジバコレヒレゲンガーガモス

S8 2084 カバマンダゲコガルドガルーラツルギ

2013 カバリザポリ2ガルーラガルドミミ

S9 2037 コケコマンダガルドマリルリウルガカビ

【インターネット公式大会使用構築】筋肉スタン(マッシブーン統一)

イ カ れ た メ ン バ ー 紹 介 す る ぜ !

まずは

マッシブーン

次に

マッシブーン

続いて

マッシブーン

さらに

マッシブーン

またもや

マッシブーン

そして最後に

マッシブーン

 

以上だ!

 

 

f:id:kirichang:20180525235002p:image

【構築経緯】

まずは個人的に刺さっていると思った&相棒としてマッシブーンf:id:kirichang:20180517204011p:imageを軸に構築を組むことにした。

これだとボーマンダリザードンに対して不利を取ってしまうのでそこに強く出ることができるマッシブーンf:id:kirichang:20180517203327p:imageを採用。

上記の2体で大半は見ることができたので終盤のお掃除役としてのスカーフ枠にマッシブーンf:id:kirichang:20180517203327p:imageを採用、これを基本選出とした。

Z枠がなかったのでその枠として高水準の火力を出せることで有名なマッシブーンf:id:kirichang:20180517203327p:imageを採用。

また起こるであろうマッシブーンミラーへの対策としてマッシブーンf:id:kirichang:20180517203327p:imageを採用。

最後にフェアリータイプがとても重いのでそのメタとしてマッシブーンf:id:kirichang:20180517203327p:imageを採用し本構築が完成した。

 

 

 

 

【個体解説】

f:id:kirichang:20180527211050g:image

マッシブーン@ゴツメ

腕白HBぶっぱ

地震 挑発 毒 羽

 

唯一の色違いで自慢のラブラブボール入り。とても頑張りました。

LV100ルールなのでHBの数値が頭おかしく物理ポケ相手には尋常な強さを誇った。

技構成として受けポケに相性の良い毒羽型に、ギルガルドに隙を見せたくないので地震、ラストに絡め手を嫌って挑発を採用した。

色違い最高。ねもうすぽけもん。

 

 

 

f:id:kirichang:20180527211514g:image

マッシブーン@襷

陽気ASぶっぱ

ドレパン 冷パン エッジ カウンター

 

対マンダorリザードン兵器。

特にマンダはどうしようもないので無理やりカウンターでもっていく作戦にした。

汎用性がとても高いのでほぼ全ての構築に初手出しした。

ハイボマンダは泣きながらふて寝します。

 

 

 

f:id:kirichang:20180527211514g:image

マッシブーン@スカーフ

陽気ASぶっぱ

ドレパン 冷パン 地震 岩雪崩

 

お掃除役。

普通のシングルでも上位に通用する型だけあって無難に強かった。さっきの襷型とこいつ@1が基本選出になった。

ビーストブーストが本当に強くvs統一パはこいつのおかげで勝てたと思う。

「こっちのマッシブーンはスカーフでーすw」とか言ってたら相手もスカーフで吹き飛ばされることがありまくった。

 

 

 

f:id:kirichang:20180527211514g:image

マッシブーン@毒Z

意地ASぶっぱ

ドレパン 冷パン 地震 毒づき

 

1番警戒していたフェアリー(特にカプレヒレ)殺戮兵器。いなかったけど。

3回しか出さなかったが出した試合全部活躍してくれた。

マリルリ統一3タテした神。

 

 

 

f:id:kirichang:20180527211514g:image

マッシブーン@格闘Z

意地HDベース

馬鹿力 冷パン 地震

 

めちゃつよZ枠。

HDベースにすると基本どんな技でも耐えられるようになり(ゲッコウガのカノンZ耐え)返しの格闘Zで落とすムーブがよりやりやすくなった。

これも普通のレートで使えると思う。

襷型+スカーフ型+こいつが6,70%を占めてた。

 

 

 

f:id:kirichang:20180527211514g:image

マッシブーン@"""""こだわりメガネ"""""

おっとりCSぶっぱ

"""""めざ飛行""""" からげんき じしん あてみなげ

 

大流行されると予想されたマッシブーン統一のメタ。

特化眼鏡めざ飛行でH252マッシブーンが超高乱数で吹き飛ぶ。

他の技構成は害悪用のあてみなげ(必中技)、地震、あとはミロカロス統一とかいそうだと思ったので火傷した時の空元気を採用した。

なんとこいつが覚える特殊技はめざパ、りんしょう、いびきのみ。さらに特攻種族値は53。ナットレイ以下。

わざわざ1日かけて育成したが敢えて言うなら

「なんやこいつ」

 

 

 

 

【VS統一パまとめ】

f:id:kirichang:20180527213852j:image

・ラッタ統一

ぶっ殺した


f:id:kirichang:20180527213857j:image

ドレディア統一

あまえるとかいうわけわからん技きたけど毒Zで無双


f:id:kirichang:20180527213902j:image

・霊獣ランドロス統一

飛行Zを襷カウンターで返すドヤ顔ムーブ決めた

 

f:id:kirichang:20180527213929j:image

マリルリ統一

毒Zで無双


f:id:kirichang:20180527213953j:image

スナバァ統一

なんやこいつ


f:id:kirichang:20180527213912j:image

キテルグマ統一

格闘Zで無双


f:id:kirichang:20180527214030j:image

ゲッコウガ統一

これは統一パじゃない


f:id:kirichang:20180527214021j:image

アクジキング統一

殺戮した 絵面がえぐい

f:id:kirichang:20180528234928j:image


f:id:kirichang:20180527214012j:image

エンニュート統一

殺戮された


f:id:kirichang:20180527214003j:image

コータス統一

いい感じに削ってスカーフ型でBBの餌にした


f:id:kirichang:20180527213922j:image

クチート統一

格闘Zで無双 色メスばっかだったきがする


f:id:kirichang:20180527213943j:image

サーナイト統一

スカーフ雪崩で怯ませて奇跡的に勝った


f:id:kirichang:20180527213907j:image

メタモン統一

めざ飛行マッシブーン大活躍

厳選してよかった

 

 

【まとめ】

勝てばどうあがいてもMVPが嫁ポケになるのでとても楽しいしモチベはずっと高かった。

こういう大会は毎月開いてほしい。

 

筋肉最高!!!!!!!

 

最高レートは1570くらい

写真は1555の時ですf:id:kirichang:20180528234824j:image

Twitter→@ kirichang_poke

 

【おまけ】

バトルビデオを公開しました

 

ジガルデ×2とシェイミを倒すマッシブーン軍団

→2S7G-WWWW-WWWN-QUXR

マッシブーン統一vsマリルリ統一

→DHJG-WWWW-WWWN-QUWR

 

おしまい

f:id:kirichang:20180529173116j:image

 

【S9使用構築/最高2037】マリルリ軸-壁展開

供養。

今期もいつものように終盤まで全く触れてなく、この構築も最終日前日に即興で作ったもの。

インフレシーズンなのに波に乗れず溺死する雑魚。

それでも一応USM全シーズン20↑記録は防衛したのでかるーくまとめたいと思います。

 

f:id:kirichang:20180515170249p:image

 

【構築経緯】

命中・火力を考慮した際、現環境最も安定して勝てるメガ枠1位がボーマンダだと思ったためこいつを基本選出に組み込むことができる構築を考えた。

カバマンダは展開構築としてはトップクラスの性能を持っているがある程度のプレイングが必要であるのとグロスバンギが非常に多いと感じたため却下し、結果的に何も考えなくて良さそうな点やグロスorバンギ軸に強くなる壁コケコ+地震マンダの構築を組むことにした。

その際参考にした構築記事に面白い型のマリルリを発見したのでそのまま採用。上記の3体を基本選出とした。

あとは特殊の積みアタッカーとして半減でもゴリ押しが可能なムシZウルガモスマリルリが通せないカプテテフに対しての圧としてギルガルド、最後にごまかし枠としてタイプ補完として相性がよく、マンダと合わせてサイクル戦を展開できるカビゴンを採用し構築が完成した。

 

 

【個体解説】

f:id:kirichang:20180515175347p:imageカプコケコ@ねんど

臆病HSぶっぱ

怒り 挑発 リフレク 光の壁

 

始動役。なにがあっても初手出しをしてとにかく壁を貼りまくる。使ってみて速い壁貼り役はとても強いし特性のおかげでランドテテフのスカーフ判別もできるのが偉すぎた。しかし攻撃技がないことがバレやすいのでターン稼ぎをされてしまうのが辛い。

 

 

f:id:kirichang:20180515175549p:imageマリルリ@ノーマルZ

意地 Aぶっぱ S実数値85 残りH

滝登り アクジェ 卍恩返し卍 はらだいこ

 

選出率1位の神エース。すごく強かった。なにが強いかというといろんな構築に出しやすく受けループはこいつで崩壊させることが可能な点、テテフがいない構築には太鼓アクジェで大体吹き飛ばすことができる点などあり使いやすさはバツグンだった。

恩返しを採用することにより特化ドヒドイデを+6恩返しで最低乱数2つ切って1発なので受けサイクルに対してeasywinしやすかった。

あまり考慮されないポケモンであるため不意に来ると非常に刺さるんだなあと感じた。

滝登りとじゃれつくは選択。

 

 

f:id:kirichang:20180515175358p:imageメガボーマンダ

意地H実数値197 S実数値170 残りA

恩返し 地震 竜舞 羽

 

メガ枠。壁込み威嚇込みの合計種族値驚きの1050。なんやこいつ。

壁さえあればなんでもできるみたいなポケモンで本来苦手であり環境に多かったグロスバンギポリ2を逆に起点にして倒すことができる化け物性能を持っている。

地震という技が非常に刺さり、ほいほい出てくるクチートを粉砕するのは快感だった。

羽はあまり使わないのでエッジや牙、身代わりなどに置き換えてもいいかもしれない。

 

 

f:id:kirichang:20180515175405p:imageウルガモス@ムシZ

控えめCSぶっぱ 特性 むしのしらせ

炎の舞 さざめき 身代わり 蝶舞

 

選出率2位のダークホース。最初は混乱実持ちにしてたが速攻崩しができないのでZを持たせた。初めて使ったがやみつきになる火力だった。バンギに打つムシZは中毒。

壁と身代わりの相性がとてもよく身代わりを残した瞬間降参を押されたことは数え切れないほどあった。

意地HDマンダは知らせムシZで一応30〜40%ぐらいなので選出画面の時点でいようがガンガン出す。

オニゴーリに強いのも○

 

f:id:kirichang:20180515175429p:imageギルガルド@バンジのみ

意地H実数値167 S実数値90 D4振り 残りA

アイへ 影うち 剣舞 キンシ

 

テテフを牽制するだけなのでほぼ出しません。それでも1回出したときは混乱実がちゃんと発動してくれたのでガルド+壁+混乱実の相性はいい感じだった。

諸説枠その1。

 

f:id:kirichang:20180515175539p:imageカビゴン@フィラのみ

意地のテンプレ

恩返し 地震 呪い リサイクル

 

ゲッコウガの牽制と格闘タイプを誘う役割だけなので1回も出してない。こいつの紹介おわり。

普通はこういう構築に入るカビゴンははらだいこ型なのでそちらの方がいいかもしれない。

諸説枠その2。

 

【基本選出】

f:id:kirichang:20180515175347p:image+f:id:kirichang:20180515175549p:imagef:id:kirichang:20180515175405p:imagef:id:kirichang:20180515175358p:imageここから2体

コケコスカランド対面はマンダ即バックした後つり出しすれば壁を貼ることができる。

受けループはマリマンダ(ムドーの吹き飛ばしケア)

 

【重いポケモン

正直言うといない。選出画面で「これは勝てる気がしない」という覚えはなかった。しかし即興構築であるためプレイングがガバガバだったのが敗因だったのかなあと感じた。

強いて重いやつをいうなら対面よりの構築にオニゴーリが添えられてるやつ。

 

 

f:id:kirichang:20180515182553p:image

【まとめ】

俺は弱い

 

この記事は消すかもしれません。

 

 

マンダコケコマリガモスを軸にしたやつで構築一緒に考えてくれる人ぼ

【S8最高最終2013】 トリル展開カバリザポリ2

今更感。

サブロムでの使用構築。最終日はメインばかりやって回すことができませんでした。

自分でもそこそこ強いと思っている構築です。手放した理由は単純にこの構築に飽きたのとキノガッサがウザすぎるから。

TNはSyamu::Off=0です。勝率0%

 

【使用構築と調整】

 

                  

        

 

メガリザードンY

控えめH252 B116 C100 D4 S36

(途中からS実数値135の耐久振りに)

HB:特化ミミッキュのシャドクロZ+影打ち耐え

オバヒ めざ氷 ソラビ 地震

 

カバルドン@ゴツメ

腕白H252 B252 D4

地震 氷の牙 怠ける 欠伸

 

ポリゴン2@きせき

特性 ダウンロード

控えめH244 B4 C172 D68 S20

HD:控えめテテフのPF下サイキネ2耐え

トラアタ シャドボ めざ炎 トリル

 

ギルガルド@食べ残し

生意気H252 C76 D180

シャドボ 影打ち 毒 キンシ

※詳しくは前構築記事参照

 

メガガルーラ

意地H228 A212 B4 D20 S44

捨て身 炎パン 不意 グロパン

※詳しくは前構築記事参照

 

ミミッキュ@ゴーストZ

陽気H20 A236 S252

HD:無振りドヒドイデの熱湯を身代わりが確定耐え

シャドクロ 呪い 身代わり 痛み分け

 

 

 

 

【構築の要点】

 

☆メガ枠による制圧

f:id:kirichang:20180325214656p:imagef:id:kirichang:20180325214704p:image

 

この構築の基本的な勝ち筋はメガ枠の一貫性を作るという事である。

まずS8ではf:id:kirichang:20180325215146p:imagef:id:kirichang:20180325215234p:imagef:id:kirichang:20180325215243p:imagef:id:kirichang:20180325215524p:imagef:id:kirichang:20180325215528p:imagef:id:kirichang:20180325215527p:imagef:id:kirichang:20180325214704p:imagef:id:kirichang:20180325215527p:imageを軸とした構築が流行すると予想し、そこに刺さるであろうオバヒ持ちf:id:kirichang:20180325214656p:imageを採用した。

f:id:kirichang:20180325215234p:image軸に組み込まれるf:id:kirichang:20180325215146p:imageがオバヒを耐える調整をしていない、H振りのみのf:id:kirichang:20180325215528p:imagef:id:kirichang:20180325215527p:imageの型が多いことから刺さると判断した。

技構成としてはオバヒめざ氷ソラビまでは確定。

あと一枠は本構築は対面重視にしたいと思っていたためニトチャや放射ではなくf:id:kirichang:20180325220116p:imagef:id:kirichang:20180325220118p:image入りに対しても選出が可能となる地震を採用した。

第二のメガ枠についてはf:id:kirichang:20180325214656p:imageを通すことがほぼ不可能であるf:id:kirichang:20180325220932p:image絡みと単純な数値受けサイクル(f:id:kirichang:20180325221207p:imageやHDf:id:kirichang:20180325221203p:image入り)に対する回答としてグロ捨て身持ちf:id:kirichang:20180325214704p:imageを採用した。

このポケモンも低速にはグロ捨て身、高速にはグロ不意で縛ることが出来るので裏エースとしては申し分無かった。

単純な高火力による制圧力を持つこの2体に勝ち筋をメインに絞ることで選出段階での勝ちルートを見やすくすることができた。

 

 

トリックルームによるエースの補助

f:id:kirichang:20180325221203p:imagef:id:kirichang:20180325214656p:imagef:id:kirichang:20180325214704p:image

 

本構築のメガ枠の2体はどちらも素早さが速くないため上から叩かれてしまう事がほとんどで倒せるとしてもせいぜい1.5体程度である。

そのためにオバヒでCが下がってしまったf:id:kirichang:20180325214656p:imageや威嚇が入ったf:id:kirichang:20180325214704p:imageで起点にされることを防ぐためと体力が少なくなり上から縛られる状態になってしまったときのクッション+切り返し要員に最適であるトリックルーム持ちf:id:kirichang:20180325221203p:imageを採用した。

最初はf:id:kirichang:20180325223210p:imageにトリルを持たせていたが、メガ枠2体が1体倒したあとに死に出しから起点にされる可能性のあるf:id:kirichang:20180325215234p:imagef:id:kirichang:20180325223210p:imagef:id:kirichang:20180325223214p:imagef:id:kirichang:20180325223213p:imageに対して切り返す事が難しいので耐久と特性による火力で起点にされにくい&切り返しが容易なf:id:kirichang:20180325221203p:imageの方が強かった。

またf:id:kirichang:20180325223523p:imageの中で唯一勝てることが難しい激流水Z型に対してもf:id:kirichang:20180325214656p:imageの日照りによって受けきることが出来るため実質的な耐久上昇も可能となった。

技構成としてはトラアタシャドボトリルは確定。あと一枠は日照りによる火力も上がるためめざ炎にしたがこの構築はf:id:kirichang:20180325220118p:imageをとても呼ぶためめざ地も採用価値はあると思う。

クッションだけでなく、自らもトリルエースとなることができ削り要員としても動かせたため、とても使用感が良かった。あと選出画面の時点でトリル持ちだとほぼバレないのも強い。

 

 

☆削りによるエースの補助

f:id:kirichang:20180325223210p:imagef:id:kirichang:20180325215146p:image(+f:id:kirichang:20180325215243p:image)→f:id:kirichang:20180325214656p:imagef:id:kirichang:20180325214704p:image

 

メガ枠+f:id:kirichang:20180325221203p:imageの選出のみで戦う場合、対面や積みにはこれでも十分に戦う事ができるのだが、対サイクルの場合削りきれない事があると考えた。そのため初手で荒らす、またはこちらもサイクルを行いその中で一貫性を取るという形を取るという戦術を取ることにした。

1番楽な戦術が取れる"初手で荒らす"要員として呪い身代わり痛み分けf:id:kirichang:20180325223210p:imageを採用。

このポケモンの荒らし性能は非常に高く、通常の型で不利をとるポケモンに対して呪い身代わりで嵌める事ができるため、有利対面の状況で交代読みの身代わりを打つだけでこちらの勝ちがほぼ確定するという状況まで作る事ができる。

この時点でf:id:kirichang:20180325223210p:imagef:id:kirichang:20180325221203p:image+メガ枠を基本選出にした際、高速格闘タイプf:id:kirichang:20180325230127p:imagef:id:kirichang:20180325230725p:imagef:id:kirichang:20180325230734p:imageや電気の一貫が作られやすくなっているので選出画面上で有利をとる事ができるf:id:kirichang:20180325230846p:imageを採用。

また、f:id:kirichang:20180325230846p:imageを絡めて選出をする際、非常にf:id:kirichang:20180325230929p:imageに対して立ち回りが不安定になってしまう事や、f:id:kirichang:20180325231058p:image剣舞f:id:kirichang:20180325231450p:imageが非常に重いため確実な引き先となるf:id:kirichang:20180325231019p:imageを採用。

f:id:kirichang:20180325230846p:imagef:id:kirichang:20180325231019p:imageという広範囲を対応できるサイクルにより新たにメガ枠を楽に通せる戦術だけでなく、メガ枠で1体を倒すことでサイクルで詰ませるという新たな勝ち筋を増やすことに成功した。

 

 

 

【選出について】

f:id:kirichang:20180325230846p:imagef:id:kirichang:20180325232122p:imagef:id:kirichang:20180325231019p:imagef:id:kirichang:20180325232216p:imagef:id:kirichang:20180325230929p:imagef:id:kirichang:20180325232619p:imagef:id:kirichang:20180325232623p:imagef:id:kirichang:20180325232711p:imagef:id:kirichang:20180325232619p:image

こちらの選出f:id:kirichang:20180325232149p:imagef:id:kirichang:20180325232153p:imagef:id:kirichang:20180325232156p:image

残りがよっぽどの地雷じゃない限りこれで確定。

基本的には初手のポケモンf:id:kirichang:20180325232149p:imageを合わせてオバヒをぶっぱして数的有利を取る。

オバヒを耐えて削られた場合でもトリルで詰めていけばよい。

f:id:kirichang:20180325230929p:imagef:id:kirichang:20180325232619p:imagef:id:kirichang:20180325232623p:imageのみ初手f:id:kirichang:20180325232156p:imageの方が勝てると感じた。

 

対数値受けサイクル

こちらの選出f:id:kirichang:20180325232156p:imagef:id:kirichang:20180325232711p:imagef:id:kirichang:20180325231019p:image

テンプレ受けループの場合、相手の選出は初手f:id:kirichang:20180325233151p:image+f:id:kirichang:20180327132050p:image@1でほぼ確定。

f:id:kirichang:20180325232156p:imageで削りを入れてf:id:kirichang:20180325232711p:imageで荒らしてf:id:kirichang:20180325231019p:imageで詰ませる。

f:id:kirichang:20180325233151p:imageは大体序盤で死ぬので楽に詰ませられる事ができる。

 

f:id:kirichang:20180325234025p:imagef:id:kirichang:20180325230725p:imagef:id:kirichang:20180325230734p:image

こちらの選出f:id:kirichang:20180325232149p:imagef:id:kirichang:20180325230846p:image+f:id:kirichang:20180325232153p:imageorf:id:kirichang:20180325231019p:image

f:id:kirichang:20180325234241p:imagef:id:kirichang:20180325230929p:image入りの場合はf:id:kirichang:20180325231019p:imageを選出しクッションにしながらリザードンを出す。

それ以外はf:id:kirichang:20180325230846p:imageが役割集中されるのを防ぐためにf:id:kirichang:20180325232153p:image

うさぎが1番辛い。

 

【辛いポケモン

f:id:kirichang:20180326000245p:image

     

 

【結果】

TN Syamu::Off=0

最高最終2013,216位

f:id:kirichang:20180325234817j:image

f:id:kirichang:20180325234904j:image

↑2000初達成した時の写真

 

 

QR

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-42B1-A2FB

 

 

【まとめ】

けっこうつよい。

けどS9はりざーどんたいさくおおくなるだろうからつらそう。

きのがっさしね。

【S8使用構築】びっくりカバマンダ 【最高2084最終2054】

最高レートを大きく更新したので初投稿です。

きりえです。今期はTNきりえぽけで本構築を使い潜っていました。対戦してくれた方、ありがとうございました。

ポケモンやってて1番辛いシーズンでした。

レートのストレスで神経痛になり夜眠れないという状態になったこともありました(半ギレ)

f:id:kirichang:20180313094255p:image

 

 

 

【構築経緯】

個人的に1番強い並びの基本が

エースのメガ枠+エースの一般ポケ枠+クッション(←ここまでを基本選出)+ゲッコウガ対策枠(≒スカーフ枠)+自由枠+ごまかし枠

だと感じたのでどうしようか考えた所、前期流行したカバマンダゲコを基本選出とするのがぴったりだと思い組み始めた。

しかし前期大暴れした影響もあり1番メタられる対象であると思ったので、技構成や調整をテンプレから少し改造し相手の思い通りにさせない事を意識した。

 

さっきの条件に当てはめると

エース枠→ボーマンダゲッコウガ

クッション枠→カバルドン

ゲッコウガ対策枠→スカーフカミツルギ

自由枠→ギルガルド

ごまかし枠→ガルーラ

になる。

 

 

 

【個体紹介と使用感】

 

カバルドン@混乱実

腕白215(252)-132-171(140)-×-107(116)-67

地震 欠伸 ステロ 吠える

調整意図

HB:特化ミミッキュのぽかぼかFTが43.7%で落ちる

HD:無補正252振りリザYの晴れ下大文字最高乱数以外耐え

 

最強のクッション枠。調整はHBぶっぱゴツメカバ個体を少し弄ったやつなので適当。普通の個体なので特に言うことはないが強いて言うならカバマンダミラー対策でSの個体値を28〜29にすればよかったかもしれない。

吹き飛ばしじゃなくて吠えるなのはかっこいいからで、決して遺伝させていないなんてことはな

選出率2位。電気を通さないクッション強すぎだ。

 

 

 

ボーマンダ@メガ石

腕白201(244)-169(28)-185(148)-×-112(12)-150(76)

恩返し 竜舞 羽 身代わり

調整意図

A:余り

HB:無補正252振りギャラドスの2舞飛び跳ねるZ最高乱数以外耐え

無補正4振りカグヤのヘビボンを身代わりが約60%で耐える

無補正4振りランドの岩石封じが〜25.8%

HD:無補正252振りリザYのめざ氷最高乱数以外耐え

 

神エース。

1番有名なH,B,D=197,151,130の型は耐久が半端なのが欠点で受け辛さを感じBDどちらかに偏った型の方が良いと思ったため、試しに腕白を使ったところとても強かったので今シーズンずっと使っていた。

メリットがとても多く、

ランドカグヤを逆にカモってeasywinできる

カバマンダミラーに強い

氷技が無いギャラドスを起点にできるのでカバギャラ対面挑発を打たれた場合は即バックすれば起点にすることが可能

ミミッキュにワンチャン持てる

などまだまだある。

本当に強かったので使わないで下さい。強すぎてすぐその場で色孵化してしまいます。

選出率3位。

 

 

 

ゲッコウガ@命の珠

臆病149(12)-×-89(12)-152(228)-92(4)-191(252)

れいび 手裏剣 悪波 めざ電

 

最強のエースその2。もう珍しくないかもしれないめざ電持ち。

めざ電をもたせた理由としてはカバマンダと並べていると激流Zを考慮されることが多く水タイプをホイホイ呼ぶのでそこに刺さると思い採用した。

草Zでもよかったのだが役割破壊Zはプレイングが下手な自分が使うと対面性能を損ねてしまう可能性が高いので見送った。あと他のウエポンの火力を上げるため。

悪波の枠は何でもよかったが怯みウェイを狙いたかったので採用した。(5回くらいしかウェイできなかった)

ドヒドイデ入り受けサイクルは有利対面ガンガンめざ電を打ってそのあとれいび悪波を打つと面白いように相手が死んでいく。

選出率1位。流石の7世代最強入れ得ポケ。

 

 

 

 

カミツルギ@スカーフ

陽気149(116)-207(44)-151(4)-×-63(92)-177(252)

リフブレ スマホ はたき 聖剣

調整意図

HD:特化テテフのPF下サイキネ耐え

 

ゲッコウガと雨パころすマン。正直に言うとほぼ出さないしスカーフよりかは剣舞はたきZの方が良い。全人類にスカーフ読みの行動をされた。

しかし出す時はしっかり活躍してくれたのでなかなか変えられなかった。

あと色違いがめちゃくちゃかっこいい。

選出率6位。

 

 

 

 

ギルガルド@食べ残し

生意気167(252)-70-170-80(76)-212(180)-72

シャドボ 影打ち キンシ 毒

調整意図

無補正252振りアーゴヨンの+2大文字耐え

 

カバマンダ@1と言ったらのやつ。

カバルドンが全く出せない時のクッションや対グロス軸に持っていく。意外とこいつが考慮されない選出が多く詰ませることができた。

1番の役割はポリ2だと思っているので身代わり型も考慮して穏やかの準速にしようとしたがこの構築のガルドは絶対に影打ちは切れなかったので生意気にせざるを得なかった。

選出率5位。すげえ毒外す。

 

 

 

 

ガルーラ@メガ石

意地209(228)-189(212)-121(4)-×-123(20)-126(44)

すてみ グロパン 炎パン 不意打ち

調整意図

HB:陽気ガブの逆鱗Z耐え

+1A197メガマンダの恩返し耐え

HD:コケコの10万Z耐え

控えめCSテテフのPF下サイキネ+すてみの反動耐え

S:最速61抜き抜き

A:余り、無振りガッサ炎パンで確1

 

ごまかし枠。

1番使い慣れているメガ枠かつこの構築で重いバンギ、クチート軸に強いということで見事にハマった。

ごまかし性能を高めるために耐久を底上げして色々なポケモンに突っ張れるようにした。現環境のガルーラのSラインはせいぜい最速61族抜きだと予想していたので抜き抜きまで振った。

主軸に置いているカバルドンとも相性が良く欠伸ステロで荒らすことでグロ不意が通りやすくなるのがとてもよかった。

不意打ち読み交代読みグロパンを仕掛けまくりましょう。

選出率4位。色違いを出すのに50時間もかかったORASの孵化環境はゴミ。

 

 

 

【基本選出】

f:id:kirichang:20180313140507p:image+f:id:kirichang:20180313140516p:image+f:id:kirichang:20180313140526p:image

これが1番パワーがでる選出。6,70%くらいはこれ。

初手ゲッコウガで様子見しつつ隙を見てカバでステロを撒いてマンダで締める。またカバマンダミラーはこれで対応する。

 

f:id:kirichang:20180313140507p:image+f:id:kirichang:20180313140738p:image+f:id:kirichang:20180313140742p:imageorf:id:kirichang:20180313140800p:image

対受けサイクル。受けループの場合はツルギ、半受けループの場合はガルドを選出する。

1番多いサイクルパだと感じたポリグライの処理法としてはまず初手はグライオンからくるのでゲッコウガを合わせて相手側は一回守ってポリ2に引いてくるのでそこにつり出しでガルーラを合わせる。受けループはラキグライムドーはとても辛いがなんとかしてムドーのゴツメをはたき落とせれば勝てる。ドヒドグライムドーはゲッコウガのカモ。

 

f:id:kirichang:20180313140742p:image+f:id:kirichang:20180313140516p:image+f:id:kirichang:20180313140526p:image

対雨パ。ほぼ勝てます。

 

f:id:kirichang:20180313140516p:image+f:id:kirichang:20180313140738p:image+なんか

クチート軸。めちゃくちゃキツい。

ガルーラを通すルートを作るかガルーラで削って他のポケモンを通すかの二択だが基本じゃんけん。

 

 

オニゴーリピン刺しのパーティーはあまりゴーリは出てこないので考慮しない選出をした。出た時は神に祈るしかない。

 

 

 

【重いポケモン,並び】

ポリクチ

めっちゃ重い。

ギルガルドで無理矢理択仕掛けにいったりガルーラの炎パンで燃やすテロをするしかない。ポリクチが多すぎてとても辛かった。

 

グライポリ2ゲンガー

グライポリ2までならガルーラでいけるのだがゴーストタイプを添えられるととてもキツい。良いも悪いもサイクルパ使いは基本安定択を取ってくる単純な人が多いのでガンガン交代読みをする。

 

オバヒリザY

自分もサブロムで使ってたから分かるがカバがオバヒで吹っ飛ぶ。

 

ミロカロスエンペルトマンムー

地獄。

 

スカーフゲッコウガ

対あり。

 

 

【結果】

TN きりえぽけ

最高2084最終2054,110位

追記:繰り上げで109位になりました

f:id:kirichang:20180313143944j:image

f:id:kirichang:20180313143958j:image

下のサブロムも回したかった

 

 

 

【まとめ】

今期は本当に勝ちきれなくて最終日の23時前くらいにやっと初20を取った程度でした。

それでも元から目標にしていた2050を最終的には大幅に超えることができたのは素直に嬉しかったです。

一応2084の時に2150と当たったので初の21チャレだったのですが、相手が元最終1位の某氏だった事もあり頭が全然回らなくなりボコボコにされてしまいました。そこは少し悔しい…

来期以降は2100目指して頑張ります。

 

カバマンダゲコとかいう入れ得構築最強!

 

Twitter→@ kirichang_poke

 

【S7使用構築その2・最高2022】G2L2 〜保険加入のコケコを添えて〜

http://kirichang.hatenablog.com/entry/2018/01/22/123000 ←S7でこれを解散させた後、最終日に即興で組んで使った構築です。本構築で最高レートを更新しました。

サブロムストーリー周回があまりにも暇で同時進行で書いているだけなので記事自体はだいぶ雑です。

 

タイトルのG2L2は

"G"enger,"G"reninja,"L"andoros,Tapu "L"ele

のことです

タイトル2ばっか。

 f:id:kirichang:20180131231944p:image

 

 

【構築経緯】

ゲッコウガというポケモンが使われててあまりにも強すぎたので自分でも使おうと思ったのが始まり。

ゲッコウガは数値受けにのみ弱かったのでそこに刺さる滅びゲンガーを入れた。さらに滅びゲンガー入りの構築と言ったらランドテテフなのでそのまま入れた。ここから三体が基本選出。

あとは相手のスカーフテテフが重かったのでテッカグヤギャラドスも重いので少しでも選出圧をかけるためと少し使ってみたい型があったのでコケコを入れた。

 

 

 

【個別紹介】

メガゲンガー

臆病HSぶっぱ

シャドボ 滅び 道連れ 守る

 

唯一のメガ。自分は基本2メガ構築主義で1メガは大丈夫かと思ったがこいつはどんな構築でも出せるので問題なかった。

基本初手から出しコケコランドをクッションにしつつ対面操作して滅び・道連れをしていく。詰め将棋感があってめっちゃ楽しい。

耐久が絶妙であり滅びを打つべきなのか道連れを打つべきなのか迷うので、こいつに対してのダメ感は絶対つけとかないといけないと感じた。

 

 

 

ゲッコウガ@水Z

無邪気CSぶっぱ 変幻自在

カノン 手裏剣 れいび めざ炎 

 

レートで使ったのは初だったがバカ強い。そりゃ全人類使うわと思った。水Zがすごい(語彙力)。

基本後発に置く。高耐久ポケモンがいたら後出しされるのは目に見えてるし対面的な構築でも大抵コケコが入っており初手に出されるので2番手以降に出すのか良い。

性格が無邪気なのは臆病のめざ炎個体がいなかった。このせいで負けた試合は両手でも数えきれない程かもしれない。

 

 

 

ランドロス@マゴの実

腕白HBぶっぱ

地震 岩石 蜻蛉 毒

 

クッションpoke。レートではあまり使わないので扱いが曖昧になってしまった。それでも蜻蛉打っておけば何とかなった。毒は絶対別の何かの方がいい。ビルドが最有力。

メガバシャーモに対してまともに相手できるのはこいつしかいないので、バシャ入りはこいつをどれだけ大事に扱うかで決まる。

毎試合身代わり持ちのマンダに怯えなきゃいけないので心臓に悪い。

 

 

 

カプテテフ@眼鏡

控えめHBベース,Sは最速カグヤ抜き

サイキネ ショック ムンフォ シャドボ

 

バカ火力娘。雑に扱っても強い。鋼タイプが受け出してきてもサイキネDダウンしたらこっちの勝ち。

ギャラドスはこいつを無理やり後出ししてムンフォでたおす。怯みはぶち切れ安定。

眼鏡テテフ使ってる構築記事はサイキネとショック両立してる物しかなかったので自分もノリで入れたが絶対いらない。受けループ崩せるらしいけど上位の人はそれをさせない立ち回りしてくるし自分は読み行動とか不可能なのでアレ。

 

 

 

テッカグヤ@フィラの実

慎重HぶっぱBDダウンロード調整

ヘビボン 放射 毒 宿り木

 

ただ色個体を使いたかっただけ。正直この構築の鋼枠は起点にされにくいポケモンというのが必要条件であると分かったのでガルドやグロスの方がいいと感じた。

そう思ってても出す時はちゃんと活躍してくれた。謎のエスパー統一を3タテした鬼。

 

 

 

カプコケコ@弱点保険

臆病Sぶっぱ,Hちょっと降って残りC

Hはリフレク込みでマンムーの珠地震礫耐えのはず

10万 ボルチェン めざ氷 リフレク

 

これは絶対刺さる、間違いなく刺さる、今期の覇権

………と確信していた時期もありました。

 

とにかく弱い。弱点保険一度も発動してない。グライオンとかランドロスに刺さると思ってたのに終盤カバルドンしかいなかった。

コケコを地面タイプで対策してくる構築にはめっぽう刺さるとどっかの構築記事で書いてあった気がするのに………

この枠は何でもいい。コイキングでも変わらない。

悲しみを背負いすぎたポケモン

 

 

【選出率ランキング】

ゲンガー→ゲッコウガ→テテフ→ランド→カグヤ→コケコ

 

【立ち回り方】

ゲンガーを初手に置き有利対面で無ければ1回守るしてバック。

ランドやコケコで数値受けを呼びつつそこを読んで蜻蛉ボルチェンをしてゲンガー降臨。滅びや道連れで1対1以上をとる。

あとは水Zゲッコウガを通す。

これがやりにくそうだと思ったらテテフの高火力で無理やり崩していく。 

 

【きついポケモン

めざ氷メガバシャ、 激流ゲコ、バンギ、リザードンギャラドスetc…

 

 

【結果】

最高2022最終1957,840位f:id:kirichang:20180131225310j:image

一応1850くらいから無敗で2000乗りました。

 

【感想】

構築はコケコ以外は悪くなかったのですが、対面構築しか使えない脳みそなので少しでもサイクルが組み込まれるとプレイングがゴミ化してしまいました。

即興で組んだ弊害が大きすぎたのでS8はちゃんとじっくり考えます……。

 

S7の自分弱点保険好きすぎか

 

【S7使用構築】システム化対面構築ガルミミwith弱保ジバコ 2ROM2000↑達成&最高2015

S5振りの2000&初めての2ROM2000を達成したので初投稿です。

きりえです。S7お疲れ様でした。TNきりえぽけ、UNDEAD HEARTで潜っていました。対戦してくださった方、ありがとうございました。

 

以下常体

 f:id:kirichang:20180122004304p:image

 

 

 

 

【構築経緯】

前提としてレートを多くは溶かさず、流れに乗る時は乗るような安定した構築で戦いたかった。

サイクルのような"負けない"構築は追加効果を引く試行回数が多く不安定であり、攻撃は最大の防御ということで慣れれば"勝ちにいく"構築の方が安定すると思い対面構築から考えた。(サイクルが使えないだけ)

そしてガルーラミミッキュという組み合わせが2on2に持ち込んだ場合、最強の並びだと考えたのでそこから組み始めた。

 

2on2に持ち込むために、初手対面で1体以上は持っていかなければいけないので対面性能がとても高く、広い範囲を見ることができるポケモンを初手に置く必要がある。

その必要条件として、

1,襷などの行動保証からの反撃

2,相手が受けきれない程の高火力で倒す

3,相手が考慮していない型で誘い、役割破壊をする

など、最低でも上記のどれか1つを満たす必要がある。

1は対面寄りの構築には強いが、火力が足りない事が多く数値受けサイクルに弱いと考え不採用。

ガルミミの@1に入る枠として1番主流なのは襷ガッサだが、ほとんどの試合が胞子による眠りターンやタネガンの回数依存になるので勝率は安定しない。

2は主にZ技にあたるものでこれが一番手っ取り早いのだが、ミミッキュに持たせることが決まってるため別の方法が必要となった。

結局3しかないという事に至りいろいろ考えた結果、弱点保険という道具を使えば条件の3だけでなく2も満たす事ができると考えた。

そして誰に持たせるかを模索し、とある構築記事を見て、ジバコイルという答えに行き着いた。このポケモンは頑丈という特性を持っているため、ついでとして1の条件も満たす事ができる。

 

ガルミミジバコを基本選出とした場合、特性型破りを持ったメガギャラやドリュウズが重かったのでそこに強いカプレヒレを入れた。カバルドンや鬼火リザX対策の意味も込めている。

この4体で大体は見る事ができたのであと2体を保管で埋めて構築が完成した。

 

あと2体を組む事で考えた事は、弱保ジバコを通したいので地面技を打ってもらうために""敢えて地面を一貫させる""ように意識して組んだ事。そして、相手の選出を読みやすいような極端なポケモンを採用するようにした。

最終的には第2のメガ枠としてゲンガーを、ジバコイルが一発芸なので再戦した場合でもある程度戦えるように襷持ちのウルガモスを採用した。

 

【コンセプト】

初手に置くポケモンを構築を組む段階から決め、バトルで機械的に動く事を目的とする。

機械的に動く事により自分のプレイングをあまり必要とせずプレミを最大限まで減らし取れる勝ちを確実に取る。 

 

 

【個別紹介】※採用順

 

 

 メガガルーラ

性格 意地っ張り

努力値 H84A204B4D68S148

実数値 191-188-121-×-129-139

技構成 捨て身 ほのパン グロパン 不意

 

調整意図

A:無振りガッサをほのパンで確定

HD:C147コケコのEF下10万Zを75%で耐える

C179アーゴヨンの流星群Z確定耐え、ステロ込みの場合50%で耐える

控えめCSテテフの道具補正なしPF下サイキネ+すてみの反動耐え

C211リザYの晴れ文字確定耐え

S:最速ミトム抜き

 

6世代のやべーやつ。この構築の大黒柱。2体目に出し場を荒らしてもらう事を意識した。

 

HDに気持ち振っている理由として

アーゴヨンの増加、それに伴うヒードランの増加

・リザXの通りが悪くなったことによるリザYの増加

・元々カプ中心の環境であった

事が挙げられる。

またミミッキュZの登場によるカバランドのゴツメ所持率が低下した事も追い風であった為、今の環境にマッチしていると感じた。

 

Sを最速カグヤ抜き抜きまで削ってもう少し耐久に割いたほうがもっと良かったかもしれない。というかコケコの10万Zを確定で耐えられるのでそっちの方が絶対強い。

209-189-121-×-123-126←これ

 

選出率2位

 

 

 

 

ミミッキュ@霊Z

性格 意地っ張り

努力値 H100A220B116D4S68

実数値 143-151-115-×-126-125

技構成 じゃれ シャドクロ 影うち 剣舞

 

調整意図

A:色んなポケモンの乱数がギリギリズレないライン

HB:A207メガギャラの1舞滝登り最高乱数以外耐え

HD:C200テテフのPF下サイキネ最高乱数以外耐え

S:最速カグヤ抜き

 

7世代のやべーやつ。ABのやつ。ガルーラに荒らしてもらった後全抜きをするのが理想。

対面構築のミミッキュは鋼と対面することばかりなのでZはゴースト一択。ミミッキュZにするメリットはほぼ無い。

 

テンプレABミミッキュの弱点として火力と素早さが不足していると感じたので、耐久を最低限の所まで振って残りをASに振り分けた。最低限といっても等倍の技くらいは耐える事ができ、同族の勝率も高かったのでテンプレABよりは使いやすかったと感じた。

 

ばしゃあもの鬼火ふれどらいとおもしろし

 

選出率3位

 

 

 

ジバコイル@弱点保険

性格 控えめ 特性 頑丈

努力値 CSぶっぱ残りD

実数値 145-×-135-200-111-112

技構成 10万 ラスカ めざ氷 毒

 

調整意図:特に無し

HB:特化ミミッキュのシャドクロZ+シャドクロワンチャン耐え

特化メガガルーラの猫+炎パンほぼ耐え

 

この構築のメインであり間違いなくMVP。尋常じゃない程使いやすかった。

弱点保険と頑丈の相性がとてもよく技範囲もそこそこ広いので役割対象が格段に増える。

どれくらいかと言うとKP30位の中で普通じゃ見れない型で弱保を使うと増える役割対象は、

ランド リザY 非メガギャラ カバルドン グロス バシャ 格Zボルト マンダ ドラン ルカリオ ガブ バンギ

とKP30位以内ならほぼ役割対象になる。

甘えて竜舞してきたリザXも10万+フレドラ反動+弱保10万で狩る事ができる程強い。

型破りとガルーラを除けば最強の対面性能を誇ると思う。ガルーラも地震持ちでなければ裏のゴーストを警戒してメガせずグロパンを打ってくれたりするので絶対勝てないという訳ではなく、どちらかというと割と勝てた方だった。

 

技構成としては10万ラスカめざ氷までは確定、後はミミッキュメタのエレキネット、ゲンガーに勝てるかもしれないミラコや放電か崩しの毒かの選択だが基本的に毒の方が便利。実際クチートの不意打ち択に勝った事もある。

 

注意すべきが蜻蛉やボルチェンで頑丈が潰される事。コケコは100%突っ張ってこないので裏のポケモンを読んで技を打てばいいので楽だが、ランドロスが人によって蜻蛉したり地震打ったりと人それぞれでとても難しいので、パーティーによって相手の最大のリターンを考えて打つ事を意識した。(ほぼ願望プレイ)

 

2回鬼羽リザXを10万麻痺で強行突破した史上最強のポケモン

 

選出率堂々の1位

 

 

 

カプレヒレ@水Z

性格 控えめ

努力値 H236B36C124D4S108

実数値 175-×-140-144-151-119

ドロポン ムンフォ めざ炎 瞑想

 

調整意図

HB:A182ガブの地震2耐え

C:余り、H4ボルト超高乱数1発程度

S:慎重グライオン、耐久ミミッキュ意識

 

補完として入ってきた枠だが想像以上に選出し、活躍してくれた。ミストフィールドとガルーラの相性がとてもよく、鬼火に怖がらずにグロパンを積むことができ非常に便利だった。

ミミッキュと同時選出をする事がほぼなかったのとコケコとボルトに無理矢理後出しされたのが不快だったため、ミミッキュと被るが水Zを採用した。割とこの構築にはマッチしたと思う。ナットレイガチアンチなのでめざ炎入れないと死ぬ。

 

こいつの耐久は本当に信頼してはならない

 

選出率4位

 

 

 

 

メガゲンガー

性格 臆病

努力値 H124C132S252

実数値 151-×-100-207-115-200

シャドボ ヘド爆 10万or気合玉 こご風

(ほんの少しの期間だけ10万にした)

 

調整意図

HB:特化メガガルーラの不意打ちを最高乱数以外耐える

 

第2のメガ枠。採用理由は影踏みがあるので色々便利そうだったから。

全く選出しなかったので書く事がない。気合玉とこご風当てろや。

 

選出率6位

 

 

 

 

 ウルガモス@気合の襷

性格 控えめ

努力値 CSぶっぱ残りB

技構成 放射 ギガドレ めざ氷 蝶舞

 

調整意図:特に無し

 

補完枠かつ襷枠。ジバコイルを出さない時やコケコランドグロスを意識して採用した。初めて使ってみたが、優秀な積み技+広い技範囲はとても強かった。

 

さりげなく裏MVPなのかもしれない。このポケモンを舐めてかかる人がとても多く3タテも少なくなかった。あと選出誘導能力も素晴らしい。

しかしあまり使用していない為に信頼度が低く、もっと積極的に出しておけば勝ち星を拾えたかもしれないと感じた。

 

炎の体 is GOD

 

 選出率5位

 

 

 

 

【基本選出】

1,ジバコイル(初手)+ガルーラ+ミミッキュ

これが8割以上。基本はジバコイルで1体持っていき、2体目以降をガルーラのグロ不意等で荒らし、ミミッキュで〆る。

この選出の場合はほぼ何も読む必要がなくガルーラつえ〜と言っているだけで試合が終わる。

 

2,ウルガモス(初手)+ガルーラ+ミミッキュ

基本的に立ち回りは1と同じ。

対コケコランドグロスはこちらの方が安定するかも。雨パも怯まなければこれで勝てる。

 

3,ウルガモス(初手)+ガルーラ+カプレヒレ

型破りドリュウズ入りやステロ+メガギャラのような構築に対して出す。

交換ボタンをこの選出で初めて押す。

 

4,カプレヒレ(初手)+ガルーラ+ミミッキュ

対受けループ。ガルーラで強引にエアームドを削ってミミッキュを通す。

相手の選出はエアームドラッキーは確定で@1が追い討ち枠かグライオンかゲンガーになる。エアームドドヒドイデ選出はほぼ負け。

 

 

 

 

 

【無理なポケモン

1,襷テテフ

ジバコが高確率で対面から負け、さらに後続にも負担を与えられてしまう。

 

2,ジャローダ 

ガルミミ選出が歪められ、こちらの想定通りの動きが出来なくなる。

 

3,ドリュウズ

地面をわざと一貫させた弊害。ジャローダ同様選出が歪められるがギリギリ戦える。

 

4,鬼羽ガモス、リザX

対戦ありがとうございました。

 

5,襷スカーフ珠水Z格闘Z草Z変幻自在激流ハッピータイムZスキルリンク水手裏剣ゲッコウガ

基本選出はこいつに強い構築を組んだはずなのだが1度格闘Zでガルーラが飛ばされた。

こいつ嫌い、消えろ。

 

初手を予め決めているせいで初手において柔軟な発想が出来ない事が弱点として大きすぎた。

 

 

 

【まとめ】

 インフレと言われた環境だったのでもう少し結果を残したかったです。他の人を見ると、自分の対戦数がとても少なく努力が足りないんだなあと感じたので来期は対戦数を1000戦はこなしたいです。

あとサイクルパを使いこなせるようになりたい。切実な思い。

いい感じの構築が最終日直前に出来たのでS8はもっといい所いくんじゃないかなあと信じてます。

何かあればTwitter→@kirichang_pokeに

 

 

QRレンタル】

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4B34-8C25

QRレンタルで自分のS5の構築が丸パクリされ1万回近く使われてるのを見て悔しかったのでやる前に貼りました。

 

 

 

【最終結果】

メインロム最高2013

サブロム最高2015

あまうちさん主催突発トーナメント優勝

f:id:kirichang:20180122004719j:image

f:id:kirichang:20180122004839j:image

途中で勝率がほぼ同じだったので順位が並んでた時期がありました。

 終盤は別の構築を使ったので最終は無しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い訳タイム


対面構築はサイクルにほぼ勝てないからこの記事の構築ではもう無理があった
対面も積みもサイクルもできるボーマンダ、展開要員や対面に強い物理受けとしてのサイクル要員ができるカバルドン、その2つを合わせたカバマンダはつえーよ
こっちはガチガチの対面構築だからグーしか出せないのに対して何でもできるカバマンダはグーもチョキもパーも出せる。無理やん。

 

頑張ります。